話題のLCC、Peachに乗って札幌へ

日本にも、ようやくLCCと言われる航空会社が就航しました。
その先陣を切ったのが、Peach Aviation

関西空港が拠点ということで、特に関西のテレビ局では頻繁に
    ”peachって、こんなんやでー”
と紹介しています。

これは乗りたい!久々に旅ごころがウズウズ…。
というところへ、ちょいと背中を押してくれちゃう企画が舞い込んで(滝汗)、アッサリ陥落。
    ”おいおい、ホンマに行くんかいな~!”
という夫の呆れた声を振り切って、行くことにしちゃいました。

ところが。

格安がウリのはずのpeachですが、今回私が行く関空札幌便では格安航空会社として既にスカイマークが就航中。
迎え撃つ態勢で、激安なキャンペーン価格で応戦していました。
しかも、LCCでは有料が当たり前の事前座席予約やお預け荷物も、スカイマークでは従来の航空会社と同様無料です。

ということで。

往きはpeach、帰りはスカイマークという格安航空会社乗り比べの旅になりました~(笑)。


それぞれ航空券をネットで手配し、いよいよ当日。
peachは、他の航空会社とは違う建物でチェックインの手続きをします。
すぐにわかるか心配でしたが、空港に着いてみるとかなり大きく表示もされていました。

画像


南海電車では到着寸前に
    ”改札を出て右にお進み下さい~”
という古いままのアナウンスがありましたが、それに騙されなければ大丈夫です。

さて、搭乗90分前になって、ドキドキのセルフチェックイン。
プリントアウトした予約詳細にあるバーコードをシャランとすると、レシートみたいな搭乗券がにゅ~っと出てきました。

画像


えっ?もう終わり?
あまりにも簡単すぎて、逆に心配になる位。
今回有料となる事前座席指定はしなかったので、この時点で自動的に選ばれた座席番号が印字されていました。


その後搭乗口へ向かうバスに乗り、タラップを上がって座席へ。
シートは3列×3列。
うーむ。言われていたので覚悟はしていましたが、身長157㎝の私でもかなり狭いです。
従来より20㎝位狭いのだそうで、ひじ掛けを上げないと奥の席にたどり着けないっていうレベル。

私は真ん中の席。
通路側の席には通路を挟んでご夫婦が座ってらっしゃいましたが、この狭さだとゆったり座りたいなら通路側の席がいいでしょう。
一方窓際は男性の方でしたが、やはり体勢的にツライようで、時々モゾモゾ…。
景色と座り心地、どちらを選ぶか迷うところかも。

離陸後、しばらくするとまずは機内食の販売が始まります。
初めての有料機内食、これは是非試したい!
シートポケットにメニュー表があったので、それを見てしばしひとり会議…。
オナカも空いたしと、早めのランチを済ませてしまうことにしました。

選んだのは、「季節のお弁当」。

画像


まぁまぁ美味しいんですが、何かの間違いかって位冷たい…。
こういうのって、販売カートに乗せる前に温めたりするもんじゃないんでしょうか。
熱いお茶が付いていてそれはとっても美味しくいただきましたが、ちょーっと残念でした。

それが終わると今度は機内販売。
パンフレットにあったオリジナルグッズは、数日後からの販売ということでした。
CAさんに残念そうに言われて
    ”じゃ、帰りの便で買います!”
と答えていた方もいらっしゃいました。

ところでpeachのスタッフさん達は、噂通りの笑顔美人が多かったです。
    ”タバコ屋の看板娘をイメージした”
と社長さんもTV番組で仰ってましたが、確かにその通り。
中にはアイドル顔のCAさんもいたりして、固定ファンが付くのも時間の問題かもしれません。

私はといえば、オナカがいっぱいになってすぐに爆睡。
2時間のフライトは、あっという間でした。

LCCで、気軽に手軽に旅に出る時代がやってきています。
peachはアジアへも就航を進めていますし、そちらも興味があるところですね!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック